2005年11月23日

ドリームインキュベータの選考

ランキング(´∀`∩

今日はカーニーの最終選考ですね。
コンサルの選考もだいぶ進んできています。
ボスコン、アクセンチュアもジョブ参加者が決定してるみたい。
あと今年もわずかですが、今年中に選考のあるコンサルは
DIとモニターですね。

今日はDI、ドリームインキュベータについて語ってみようかと思います。

 

ドリームインキュベータは刺激的頭髪の堀紘一が作った会社です。
読売新聞→三菱商事→ボスコンとさまざまな業界を渡り歩いてきた大物です。
投資、コンサルという手法でベンチャーインキュベーションを果敢に
行っている企業です。
知恵は金なり―これから5年を勝ち抜くための経営学教科書
↑DIの理念、会社分析法がかかれた教科書みたいな本です。
とても面白いですよ。


それで、採用についての詳細ですが、
まず採用人数は2〜3人。応募は1000を超えます。
最難関のコンサルといっても過言ではないです。

ESに通ると、中目黒にあるオフィスに呼ばれます。
選考は午前、午後通じ時間ごとに細かく分かれていて、
1回につき20人前後選考を受けます。
会議室集結後、4チームに分けられ部屋もうつされてGDタイム。

「携帯充電器をどこにおけば効率的か?」
「ボーダフォンの売上をあげるには」
「新卒採用で一流大学卒の学生を多く取るためには?」
などのお題でディスカッション。

GD対策は以前エントリーしました。


そして再度会議室集結後、しばらく待機。
すると、社員が紙をもってやってきます。
名前を呼んで紙を渡していくのですが、
渡された人はGD合格。
渡されなかった人はバイバイ。

明暗がその場で分かるボスコンシステムを採用しております。
1グループにつき通過者は1〜2人が原則です。

GD通過後は2回〜3回面接があります。
プレゼンさせたり雑談だったり、DI社員によりけり。

そして数日後、通過の場合は連絡がきます。

先ほど、明暗が分かれると申しましたが、
GDで落とされた人も再度DIに呼ばれることがあります。
ESがよっぽど印象的だったのでしょうか。

ジョブについては各々頑張っていただくほかはないです。
今年から1週間になり、ボスコンと兼ねることができるみたい。
どうしてもカーニーのジョブは蹴られやすい立ち位置ですね。

というわけで、かんなり厳しい選考ですが、ひるまず頑張ってください。

ついに都落ち。どうかランキングよろしくお願いします

学生ランキングもぽちっ





posted by おにぎり(´∀`∩ at 13:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 就活対策! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!ここでかなりおいしい情報をいただいているものです。ありがとうございます。
そこで、DIに落ちたと同時に適当に出したクレディースイスの筆記試験にお呼ばれしたので、何か情報をいただけないでしょうか。
Posted by DIのESで玉砕した子 at 2005年11月24日 09:54
>DIのESで玉砕した子さん

コメントありがとうございます。
クレディスイスに関しては全く分かりません。
去年は筆記すらなかった気がするので。
お役に立てず申し訳ありません。
Posted by おにぎり(´∀`∩ at 2005年11月26日 20:50
>おにぎりさん

返信ありがとうございます。皆条件が同じだからきっとSPIだろうと祈って全力を尽くすのみですね(笑)
Posted by 玉砕ちゃん at 2005年11月28日 02:15

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。