2005年10月21日

採用プロセスとその対策 その10〜ケース面接

就職ランキング

さて、ボスコン、カーニーの筆記も近いことですが、
勉強は進んでいるでしょうか??

両社ともウインター筆記落ちなら、スプリングで
敗者復活
ができますので、ご心配なく。
ただ、11月以降になると面接などが忙しく
筆記勉強をする暇がなくなってしまうので、
やっておくなら今かと思います。

そしてなんとか筆記を通過すると、厳しい面接が待っています。
どういった面接なのでしょうか?

  
面接官が知りたいことは
1 コンサルの適性があるか
2 コンサルの才能があるか
の二点です。
1は志望動機、自己PRで知ることができます。
2は「質問に対する切り返し」と「ケース面接」にて測られることになります。
後者はクイズがメインになります。
コンサルに必要な能力の一つである
論理的構想力を効果的に測ることができるらしい…



では、どんなクイズが出るのか?
以下のとおりです。
「日本にライターは何本あるか?」
「日本に電柱の数は何本あるか?」
「日本にガソリンスタンドは何件あるか?」
「日本の清涼飲料業界の市場規模は?」
「ボーダーフォンの売り上げを二倍にするには?」


クイズは大きく
1 現状把握系
2 問題解決系
に分けられます。

2の問題解決系はグループディスカッションにもよく出されるお題です。
1は一対一の面接で出題されます。
いずれにも対応できる柔軟なアタマがなければ、簡単に弾かれてしまいます。

ではどうやったら鍛えられるのか?
電柱の数について考えて見ましょう。
あてずっぽうで答えたり、知ってて答えたりするのはいけません。
既知の数字から計算式を組み立てることが求められます。
正解が必要なわけではありませんから。

たとえば、電柱一つが二つの家庭に電気を配信すると仮定します。
すると、日本の人口は1.2億人
世帯人数は約4人
よって世帯数は3000万
これを2でわると1500万個、これが電柱の本数になります。

単純化しすぎてますが、プロセスとしてはこういった形です。

こういった考え方を鍛えるためには、以下の本を読むといいと思います。

まず、1の現状把握系ケースが多く掲載されている本です。
ちゃんと考え方も載っています。
ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?
特に「世界のピアノ調律師数」についての解説は圧巻です。

2の問題解決系に関しては、問題構造化の手法が重要になっていきます。
これをコンサルの仕事と絡ませて、多彩な例示と共に語ってくれるのが以下の本です。
ロジカル・プレゼンテーション―自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」
コンサル塾主宰者が書いています。
とても分かりやすくて、仕事のイメージ、手法がすんなり頭に入ってくる良書です。

あとはロジカルシンキングでエントリーした本なども交えて、
実践あるのみです!
暇な戦コン内定者や社会人(めったにつかまらない)をつかまえて、ケース演習を
やってもらいましょう。


一票を!ランキングよろしくお願いします

学生ランキングもぽちッ
posted by おにぎり(´∀`∩ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 採用情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ケース
Excerpt: いよいよケーススタディを考えて見ましょう。 コンサルティングファームに独特の採用プロセスで、限られた情報しか与えられていない、ある問題に対してその場で考え、答えをだすというものです。 ここでは知識..
Weblog: 2020年:都市再生請負人への旅
Tracked: 2006-02-21 07:00
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。