2005年09月24日

英語の必要性 その2

コンサルは、いままで英語頑張ってこなかった人にも
内定するチャンスはあるよというだけで、
入社したら英語を一生やらなくてもいいというわけではないです。

昇進すれば昇進するほど、海外とのやりとりが増えたり、
アサインされるプロジェクトのリーダーが外人である可能性は
強くなります。

そんなとき英語ができないから…
なんて「私は無能です。クビにしてください
と言っているようなもの。
でも、心配は無用です。
ちゃんと英語教育制度がありますから。


1つの例として英会話学校。
かなりのファームが社費でベルリッツという英会話学校に通わせてくれます。
内定者しているうち(すなわち学生)から、通うことを義務付けられます。

戦コンは総じて、学歴高い連中が多いので
厳しい受験英語を突破し、大学教育を乗り切っただけの英語力はあります。
とりあえずそれくらいで十分!
あとは筆記で落ちないよう、TOEIC600レベル程度の英語力はほしいところです。

投資銀行編、もうちょっとお待ちあれ

ここまできたからには、トップ5目指したいと考えているランキングです
banner_03.gif

学生ランキングもご協力を!
posted by おにぎり(´∀`∩ at 23:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 就活対策! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても参考になります!
ぜひ投資銀行編も書いてください。
お願いします。
Posted by kon at 2005年10月28日 01:17
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7279441

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。