2005年09月13日

採用プロセスと対策 その4〜筆記対策1

国語、算数など基礎能力があるか試す筆記試験。
日系、外資系含め各社それぞれバラエティに富んでいます。
日系は簡単で外資は難関というのはいちがいにはいえません。
いずれにしろ、対策をしておいたほうがいいのは間違いないです

日系企業全般、一部外資系で出るのはSPIなど。
これは以下の本を一冊やればすむ問題です。
筆記試験の完全攻略〈2007年度版〉―SPI2/CAB・CAB2/GAB/ENG/GFT/IMAGES すべての問題形式を誌上に再現!!
自分は3日で終わらせました。
一部外資系で頻出のCAB、GABも出ているので、かなりためになりました。
知っておくと知らないでいるのはだいぶ違いますよ〜

次にマスコミ各社の筆記です。これは他社と比べだいぶ特殊です。
難関な一般常識問題が問われます。
とにかく知識が豊富であることが求められます。
クイズ王じゃないなら、対策するしかないですw
一般教養の天才〈2006年版〉
これはちょい分厚めですが、マスコミ出版系は必須の本らしい。。。
俺はマスコミを目指してなかったのでやりませんでした。
友達がやってて、キー局の報道に受かってました

最後、戦略コンサルの筆記について。
問われる点は主に二つ。
算数力と論理力です。

どんな問題が出るか?
GMAT、判断推理、数的処理この3つです。
GMATは論理的文章題(国語)、判断推理は推理、数的処理は算数です。
英語が問われるところはあまりありません。

すばやく文章を読み、計算をし、論理的思考力を
働かせる必要があります。
時間はとにかくないです。
70問60分くらいです。

有名大学にいってれば大丈夫?
それは大いなる間違い!
東大生でも筆記でぼろぼろ脱落していくのが戦コンです。
いや、東大生でも落ちるほど難しいというのではありません。
対策をすれば十分通過可能なのです。

では、いったいどのように対策をすればよいのか??
次回!エントリーいたします。

参考になりましたか?ぽちっとブログランキング
banner_03.gif


posted by おにぎり(´∀`∩ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 就活対策! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。