2005年12月20日

ゴールドマンサックス証券の選考 その1

ランキング(´∀`∩

2004年の12月〜3月のメールをみて少し懐かしくなりましたおにぎりです。
寒さとともに外銀の選考が加速してきています。
コンサルの選考はひとまず休息といったところでしょう。
ボスコンの内定は昨年からいうと、正式には1月に出るみたいです。(もう出てたらごめんなさい)
アクとDIはもう出てますけどね。

話変わりますがとれるものなら複数内定はとるべきです。
自分にもっとも適したところに就職するのが一番だからです。
他の就活生を気遣う必要など全くありません。
特に外資就活は戦いですよ。

今回はゴールドマンサックスの選考について語ってみます。

  
フロントでの募集部門としては大きく
投資銀行部門、債券為替コモディティ部門、投資調査部門、マーチャントバンキング部門、エクイティ部門に分かれます。
バックはテクノロジーと業務ファイナンスに分かれます。
あとはGSのサイトを見れば大体分かります。
 
選考プロセスは

WEBエントリー

筆記試験(業者によるWEBテスト、特殊なSPI)

エッセイ提出

ファームワイドセミナー(説明会+GD)〜170人×4回(12月〜3月)

部門別グループ面接

個人面接2〜4回(IBDは軽いジョブがある)

(ディナー)

最終、内定



まず外銀のWEBテストの中では採点がもっとも厳しいところでしょう。
半分以上切るらしいです。
そしてファームワイドセミナー
12月はもう終わったみたいで体験した人も多いでしょう。

ちなみに昨年度はこのようなプロセスで行われていました。

人事部長から会社全体の説明(間接金融と直接金融との違いなどなど)

マネージングディレクターからの話

質疑応答

人事部長から部門別の話と会社紹介ビデオ

今後の採用プロセスと当日の面接説明

グループ分けされて、GDまたはレセプション

両方終わったら終了


とにかく、目立ちましょう。
特に質疑応答は目立つチャンスです。
どんなに詰まらない話でもツッコミどころを探す意気込みがほしいです。

グループディスカッションは就活生5人前後と面接官3人で行われます。
お題は非常に抽象的

「幸せとはなにか」
「仕事とはなにか」
「学ぶを定義せよ」
「人生とは」
「人を率いる際に必要な能力を3つ挙げよ」
「人を褒めるときのポイントを3つ挙げよ」
「信頼を獲得するにはどうすればいいか」


過去に出たお題です。
GS人事もこのブログを見ているので、このお題は実際には
でなさそうですがw

ディスカッションのあと、面接官の指名により1人が発表。
各々に議論でよかったところ、わるかったところを聞かれます。
そして、全員に志望部門を聞いて個別に質問。ESが元になります。

たまに他の就活生の話をネタにして質問がふってくることがあるので、
油断しないでください。

特に聞かれるのが「リーダーシップを発揮した例」
GSは自分で回りを巻き込みひっぱっていけるアクティブな人間を欲しています。
そのうえ、十分な才能、実績がある人間がほしいので
「これだけは人に負けないということ」「日本トップ10に入れる資質」なども
聞かれます。

もちろん基本的である「なぜ金融?」「なぜ投資銀行?」「なぜGS?」「自己PR」などはおさえておいてください。

アピールの仕方次第でだいぶ変わります。
セールス、バンカーの求められる資質はまるで違うので、気をつけましょう。
どんな人がいるのかについては、GSレセプション、または
同業他社のセミナーでも知ることができます。
あとは本ですね。
前に紹介されたこれや
外資系投資銀行の現場 改訂版
外資系金融機関の仕事
などでイメージはつかんでおいてください。
先日紹介した巨大投資銀行 (上) (ルビ:バルジブラケット)
でもイメージがつかみやすいと思います。

ちなみにゴールドマンには他社とは異なる部があります(リーマンにもあるのかな)。
戦略投資部です。
ASSGと呼ばれ、ゴルフ場や旅館などに投資。
再建して売却します。新聞紙面をにぎわしているところです。
債券為替コモディティ部の中にあります。
ゴールドマンの中でも精鋭が行くところとして知られており、
非常に人気高いです。1〜2人が内定できます。

次は個人面接について書いていきます。
とにかく外銀全般に言えることですが、選考が長い…!
何十人も面接し、六本木ヒルズを常にうろうろすることになります。
リーマンも選考に絡んできたら大変。一時的にヒルズ族になれますw

そして信じちゃいけないのが外銀連中の発する「ほめ言葉」
「君いいねえ、ぜひうちの部署にほしいよ」
社交辞令ではないのですが、もっといい人が現れた瞬間覆されます。
話半分に聞いておいたほうが精神衛生上いいと思います。

GS受けている人、これから受ける人、頑張ってください。

頑張ります。どうかランキングよろしくお願いします

学生ランキングもぽちっ



posted by おにぎり(´∀`∩ at 22:54| Comment(5) | TrackBack(0) | 就活対策! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>とにかく外銀全般に言えることですが、選考が長い…!何十人も面接し、六本木ヒルズを常にうろうろすることになります。

これなんですけど,京都からなんどもなんども六本木ヒルズに足を運んで,あと一歩のところで落とされてしまったら,金額的にも,時間的にも,機会損失としても,極めて重大な損害となります。なんとかならないのでしょうか?

もちろん,京都でも選考がないわけではないが,早く内定をとって就職活動を終わらせてしまいたいですから。
Posted by 京都人 at 2005年12月21日 02:28
明日のエクイティ、債券の選考情報お願いします
Posted by セカンダリ志望 at 2005年12月21日 15:22
こんにちは。日興シティグループ証券株式会社です。

本日は企業説明会のご案内をさせていただきます。

2007年度に大学・大学院をご卒業予定の皆様を対象にした企業説明会を下記のとおり開催いたします。
皆様に投資銀行の業務内容および弊社の特色をご理解いただけるよう、各部門の担当者がご説明いたします。
貴校出身の社員とも直接お話しいただける大変良い機会です。
是非ともご参加いただき、投資銀行業務の醍醐味に触れていただければと思います。

また、当日はセミナーと懇親会のほかに、希望者には筆記試験および集団面接の実施も予定しております。
集団面接を通過された方につきましては、翌週22日(日)に個人面接の実施も予定しておりますので、ご調整いただければ幸いです。

■日時: 2006年1月15日(日) 10:30〜
■会場: ホテルグランヴィア京都

なお、会場の都合上、定員数に限りがございますので、 お早めにお申込みください。
また、筆記試験もしくは面接のみのお申込みは受付けしておりません。
会社説明会参加の方を対象に筆記試験・面接を実施致しますのでご了承ください。
Posted by 日興シティグループ証券会社セミナーのご案内 at 2005年12月21日 22:49
部門別グループ面接の選考結果発表は,
例年,何日後に来るのでしょうか?
グループ面接の翌日に来なければ,
落ちたってことなのでしょうか?
Posted by 結果待ち at 2005年12月22日 00:39
>京都人さん

コメントありがとうございます。
そうですね、関西からだとお金かかりすぎ
ですよね。
でもたいていの外資はお金出してくれますよ。
いいホテルに泊まらせてくれるケースも多数で
ちょっとうらやましくなることもあります。

>セカンダリ志望さん

コメントありがとうございます。
もうそんなところまでいってるのですか。
エントリーはできることなら
なるべく早くいたします。
間に合わなかったらごめんなさい。

>結果待ちさん

コメントありがとうございます。
うーん、人によって違うみたいですが
たいてい一週間以内にはきてるみたいですよ。
Posted by おにぎり(´∀`∩ at 2005年12月22日 02:18

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。